送り状印刷 12

各運送会社の専用アプリごとの設定/操作

送り状印刷 12』の送り状作成Excelブックの「送り状作成」シート、「印刷待ち」シート、履歴Excelブック、または「顧客台帳」ツールで各運送会社ソフト用のCSVデータを書き出すことができます。
書き出したCSVデータを各運送会社の専用アプリで取り込む方法を簡単にご案内いたします。詳細については、各運送会社の専用アプリの操作マニュアルなどでご確認ください。

日本郵便「ゆうパックプリントR」

  1. 『送り状印刷』にて日本郵便「ゆうパックプリントR」用のCSVデータ(『ゆうパックプリントR』標準フォーマットv1データ)を書き出します。
  2. 「ゆうプリR」を起動します。

    ※準備として、スタートメニュー【フィルタ設定】をクリックし、 フィルタ設定の画面で、フォーマット種別は「標準フォーマットv1」とします。 また、【条件設定】をクリックした画面で「ファイル取込項目」「元払い」や「代引き」という項目名を登録しておきます。

    【発送管理】ボタンをクリックします。
    ゆうパックプリントRメニュー画面
  3. 「発送予定データ一覧」画面で【ファイル取り込み】をクリックします。
    ゆうパックプリントR外部データ取り込み画面
  4. 「データ取込」画面で、CSVデータを選択して【取込】をクリックして取り込みます。
    ゆうパックプリントR外部データ取り込み画面
  5. データが取り込まれます。
    ゆうパックプリントR外部データ取り込み画面
  6. その後は、必要であれば「ゆうパックプリントR」の画面上でデータの修正を行ってください。

ヤマト運輸「B2クラウド」佐川急便「e飛伝U」エコ配「エコプラス」福山通運「iSTAR-2」西濃運輸「カンガルー・マジックU」
日本郵便「ゆうパックプリントR」日本郵便「クリックポスト」セイノースーパーエクスプレス「R-smile」名鉄運輸「こぐまくん」

『送り状印刷 12』

ご検討中の方へ

「送り状印刷」無料体験版で
スムーズな配送伝票発行をお試しください

無料体験版ダウンロード

ご購入

公式オンラインショップで
ダウンロード版やライセンスを購入

オンラインショップ

※Amazon、Vector等でもお取り扱いがあります