伝票印刷 12

伝票の電子化(PDF化)・メール送信機能

伝票印刷 12』では、請求書をはじめ、見積書・納品書や領収証まで、さまざまな伝票イメージを、ボタンひとつで電子化(PDF化)し、 メールに添付して送信することができます(社印や担当者印などの印鑑画像が貼り付いた状態で作成できます)。 また、付属の印鑑画像作成ツールでは、文字を入力するだけで簡単に電子印鑑を作成できます。 これらの機能により、自宅からでも取引先に、請求書・納品書などの伝票を、簡単に送ることができます。

  • ※PDF化では、台紙画像ごとPDF形式に変換します
  • ※メール送信は、Microsoft® Outlook(64ビット/32ビット)にて動作確認済

メール送信

電子化(PDF化)に対応している伝票の種類

見積書/注文書/納品書/請求書/領収証/振替伝票/入金伝票/出金伝票/チェーンストア統一伝票/マニフェスト伝票

※1枚の用紙に複数の伝票がついている用紙や、郵便払込取扱票、その他、一部対応していないフォームもございます

» 入力画面から直接PDFファイルをメール送信する場合
» PDFファイルに変換する場合

入力画面から直接メール送信可能

請求書・納品書など伝票の入力画面(フォーム画面)から、メール送信の流れをご案内します。

  1. 請求書・納品書などの伝票を入力後、[ファイル]-「E-mail送信」をクリックします。
    メニューからメール
  2. 得意先台帳が起動しますので、送信先を選択し【このメールアドレスに送信】をクリックします。
    送信先を選択
  3. 「掛紙設定」画面にて、掛紙の設定をします。
    掛け紙設定
  4. ご利用のメールソフトが起動しますので、内容をご確認後、送信します。
    メール起動
  • ※すべてのMAPI対応のメールソフトでの動作を保証するものではありません。直接メールソフトを起動できない場合、PDFファイルに変換後、手動で添付してください。
  • ※フォーム画面のページ追加や、販売管理Excelブックからの印刷機能により、複数ページ作成した場合は、複数ページまとめて1個のPDFファイルとして書き出します。 2ページ目以降、別のお客様のデータが混ざっている場合は、取り扱いには十分お気をつけください。

入力画面から電子化(PDF化)可能

請求書・納品書などの伝票の入力画面(フォーム画面)から、PDFファイルに変換する流れをご案内します。

  1. 請求書・納品書などの伝票を入力後、[ファイル]-「PDF書き出し」をクリックします。
    メニューから
  2. ファイル名を入力して、【保存】をクリックします。
    名前を付けて保存
  3. PDFファイルが起動します。
    PDFファイル表示
  • ※『伝票印刷 12』自身にPDF変換機能を持っているので、別ソフト(PDFファイルへの変換機能を持った専用ソフトなど)は不要です。
  • ※バーコード、およびGIF画像はPDFに書き出されません。
  • ※PDFファイルを開くには、PDFビューアが必要です。
  • ※フォーム画面のページ追加や、販売管理Excelブックからの印刷機能により、複数ページ作成した場合は、複数ページまとめて1個のPDFファイルとして書き出します。 2ページ目以降、別のお客様のデータが混ざっている場合は、取り扱いには十分お気をつけください。

『伝票印刷 12』体験版を今すぐダウンロード »