伝票印刷 11

初心者におすすめ 用紙イメージの入力画面には入力補助機能が満載

「伝票印刷」の入力画面は、用紙イメージそのままの画面なので、初めての方でも迷うことなく簡単にご利用いただけます。
また、豊富な入力補助機能でスピーディな作業をサポートします


ステップ1用紙を選ぶ

「伝票印刷」を起動すると最初に出てくるメイン画面で、見積書・納品書・請求書・統一伝票…などから、作りたい伝票を選びます。宛名ラベルや商品ラベルも印刷できます。
メイン画面では、用紙一覧の文字を大きく表示することもできるので、使いたい用紙が探しやすくなっています。

»対応用紙一覧

メイン画面 ▲一覧から用紙を選びます。一覧画面の大きさや文字サイズは大きくできます。

ステップ2枠内に入力

選択した伝票そのままの見た目で画面が表示されます。入力すべき枠が最初から配置されているので、手書きするのと同じ感覚で、入力枠をクリックして直接入力します。ページを追加して、複数ページ続けて入力できます。

伝票印刷の入力画面 ▲入力画面

入力画面の各種機能の説明

1 今日の日付が自動的に入力されますので、当日の場合は日付を入力・変更する必要がありません。
2 伝票番号が起動するたびに連番で自動入力されます。 数字の前後に、アルファベットなどの固定文字列を指定できます。
3 「使用者情報」としてあらかじめ自社名や住所などを登録しておくことができます。登録内容が伝票に自動表示されますので、毎回入力する手間はいりません。
使用者情報は最大5件まで設定可。切り替えてご利用いただけます
4 得意先情報をあらかじめ得意先台帳ツールに登録しておけば、「お客様コードNo」を入力するだけで、住所、社名、担当者名などは自動入力されます。(下記の商品台帳をご参照ください)
また電話帳ツール(別売オプション)を使えば、電話番号から顧客を検索して転記することもできますので、台帳に登録していない新規顧客でもラクに入力できます。
※台帳はすぐ使えるサンプルデータ付き!
5 商品情報をあらかじめ商品台帳ツールに登録しておけば、明細欄に「品番」を入力するだけで、品名、単位、単価、統一伝票用売価が自動入力されます。

台帳ツールからの転記 ▲台帳から選んで転記できます。品番が分かっていれば、品番を直接入力しても、自動的に情報が転記されます。

※チェーンストア統一伝票では得意先台帳・商品台帳ツールに対応していないスペースがあります
※マニフェスト伝票は商品台帳ツールには対応していません

6 印鑑や社印、ロゴなどのお好きな画像を挿入できます。
※JPEG・BMP・GIFファイルのほか、TWAIN対応のスキャナやデジタルカメラからの取り込みも可能です。
※所定の枠以外の任意の場所にも、社印やロゴなどの画像を挿入できます。

印鑑画像作成ツール

印鑑画像作成ツール

「伝票印刷」に付属の「印鑑画像作成ツール」で、印鑑画像(BMPデータ)を簡単に作成できます。
ツール上で文字を入力するだけで、BMP形式の印鑑画像を簡単に作成できます。

円印/角印が選べるほか、縦書き/横書き、文字の色やフォント、二行にわたったときの折り返し位置も選べ、より印鑑らしい画像が作れます。

また、赤背景に白抜き文字の印鑑画像も作れます。

»印鑑作成ツールについて

7 税率スタンプを挿入できます。5%・8%・10%のスタンプ画像が用意してあります。
8 明細行の金額、合計金額・消費税額などは、自動的に計算して表示します(計算ON/OFF可)。 消費税率は伝票日付に従って自動的に設定されます。
※内容が複数ページにわたる場合、指定のページに合計金額を表示させることも可能です。
※数値対応は小数点以下2桁までです。
9 伝票単位で消費税率を変更できます。
その他:チェックフィールド マニフェスト伝票などに、チェック項目用のフィールドを用意してあります。クリックすると○やレ点がつけられます。(○かレ点かは、フォームによってあらかじめ決められています)
チェックフィールド▲例:クリックで○がつきます
チェックフィールドレ点▲例:クリックでレ点がつきます
その他:データ複写 「納品書/納品書控」または「請求書/納品書/物品受領書」など、1枚の紙に同じ内容の複数の伝票がある用紙の場合、1面目に入力した内容が、他面にも自動的に反映されます(ON/OFF設定可)

複写

その他:フォームアレンジ 収録されているフォームを、ご自分でアレンジして利用いただくことができます。文字を大きくしたい、位置を微調整したい、独自のあいさつ文を載せておきたい、など様々なご要望に対応できます。

»フォームのアレンジ

ステップ3印刷

すべて入力したら、印刷プレビュー画面を表示し、印刷が切れている個所がないかなど確認して、印刷します。

「伝票印刷」には、A4以外のサイズの用紙でも自動的にプリンタの用紙サイズを設定して記憶する機能がありますので、色々なサイズの用紙を印刷する方でも、毎回設定し直す必要はありません。

複写用紙・連続紙はドットインパクトプリンタで印刷できます。
見積書などは、印刷する代わりにPDFファイルに書き出す機能もあります。

»伝票印刷の印刷機能について

»PDF書き出しについて

ステップ4別伝票へ転記

見積書で一度入力したデータを、納品書や都度請求書に移して印刷したいということはよくあります。
そんなとき「伝票印刷」では、入力した見積書から、宛先や明細内容などの主要なデータをカンタンに転記する機能があるので、入力し直しの手間が減らせます。

※下記グループ内の伝票同士で、データを転記できます。

納品書グループ
納品書/都度請求書/注文書/見積書/統一伝票
宛名グループ
宛名フォーム/振込用紙/得意先名簿
商品グループ
商品ラベル/プライスカード/現品票・原材料ラベル

ファイル一覧機能

入力した内容は、伝票イメージごと保存されます。検索ツールですぐに参照・起動ができます。 ファイル一覧ツール

『伝票印刷 11』体験版を今すぐダウンロード »