ドットインパクトプリンタの使い方

マニフェスト伝票や送り状を印刷するために、ドットプリンターの導入を検討される方は多いですが、ドットプリンタはインクジェットやレーザープリンタに比べてなじみがない方もいらっしゃると思います。
自分の環境でも導入できるのか?うまく使えるのか?具体的にはどうやって使うのか?印刷は簡単か?などの疑問をお持ちの方に向けて、詳しい使い方を写真付きでご案内します。ぜひご参考にしてください。

連続用紙を印刷してみよう EPSON VP-4300編

まずプリンタの設置やプリンタドライバのインストールをします。設定が済んだら連続紙を印刷してみましょう。今回は「伝票印刷」を使って、産業廃棄物管理票(直行用)のマニフェスト伝票を印刷してみました。

使用機種:EPSON VP-4300 ※プリンタによって設定内容などは異なる場合があります。
準備:プリンタドライバは、メーカーホームページ、あるいはプリンタ添付のCDからインストールしておいてください。

  1. 用紙をプリンタにセット

    用紙の左右の穴を、プリンタのスプロケットにはめます。スプロケットはプリンタの説明書に従って位置を設定してください。紙がゆるんでいたりすると正常に印刷できませんので正しくセットしてください。 連続紙をドットプリンタにセット

  2. 給紙

    プリンタのパネルでボタンをクリックして「連続紙」「印刷可」が点灯した状態にします。
    パネル連続紙 ※「単票紙」が選択されている状態で連続紙を印刷しようとすると「用紙チェック」ランプが点灯してピーピーと音が鳴ります。ボタンを押しても切替できない場合は、いったんプリンタの電源をつけなおしてください。

  3. 印刷内容を入力

    「伝票印刷」メイン画面から「産業廃棄物管理票(直行用)」を選択して起動し、必要な内容を入力します。 産業廃棄物管理票(直行用)フォーム画面

  4. 印刷する

    入力したら、[ファイル]メニュー[プリンタの選択]をクリックします。
    プリンタの選択

    「プリンタの選択」画面で「EPSON VP-4300」を選択してOKします。 EPSON VP-4300

    指示に従って進んでいき、印刷プレビュー画面で文字の印刷が切れてしまう個所がないか確認します。ここで紙の高さや横幅が切れた状態で表示されている場合、用紙サイズを手動で設定する必要があります。しかし「伝票印刷」では用紙サイズは自動で設定しますので、設定の手間が要りません。 印刷プレビュー

    続いて【印刷】ボタンをクリックすると「印刷」画面が表示されます。 印刷画面

    【プロパティ】をクリックし「用紙/品質」タブで給紙方法「プッシュトラクター」を選択するとスムーズです。 給紙方法

    【OK】ボタンを2回押すと印刷開始です。

  5. 用紙の排出

    プリンタ前方から用紙が出てきました。 排紙 が、印字が少しずれているようです。スプロケットの設定やプリンタによっても、微妙なずれが発生することがあります。
    「伝票印刷」では印字ずれを簡単に調整する機能がありますので、以下でご案内します。

  6. 印刷ずれの調整

    印字のずれ方(上下左右どちらにどれくらいずれているか)を確認し、フォーム画面【印刷設定】をクリックして、印刷位置設定を調整します。印刷位置設定の調整方法はこちらをご覧ください。 印刷位置調整 何度か印刷と設定を繰り返し、設定値を確定します。
    ※プリンタと給紙方法、用紙サイズは一度選んだら次回以降は選ぶ必要はありません。【印刷】ボタンをクリックするだけでOKです。

  7. 続けて印刷

    印刷位置が確定出来たら、複数ページを続けて印刷してみます。「伝票印刷」ではページを追加して複数ページ続けて入力できます。【印刷】ボタンを押すと連続用紙がどんどん吸い込まれ、複数ページを続けて印刷できました。 複数ページ印刷

    もし端の部分が印刷されなかったり、2ページ目以降の印刷がずれる場合は、こちらのFAQをご参照ください。


連続用紙を印刷してみよう EPSON VP-F2000編

別のプリンタでの連続紙印刷の様子もご紹介します。今回は「伝票印刷」を使って、チェーンストア統一伝票(ターンアラウンド用1型)を印刷しました。

使用機種:EPSON VP-F2000 ※プリンタによって設定内容などは異なる場合があります。
準備:プリンタドライバは、メーカーホームページ、あるいはプリンタ添付のCDからインストールしておいてください。

  1. プリンタの用紙設定

    プリンタ本体のレリースレバーを「連続給紙」のほうにあわせておきます。 レリースレバー連続紙

    複写枚数や紙厚から、アジャストレバーの位置をあわせます。
    ※プリンタ取扱説明書の説明を確認します。今回は薄めの用紙で5枚複写ですので「3」程度にあわせました。この数字が合っていないと、印刷が薄かったり用紙がひっかかったりしますので、よくご確認ください。 アジャストレバー

  2. 用紙をプリンタにセット

    用紙の左右の穴を、プリンタのスプロケットにはめます。 用紙セット

    給紙ボタンを押すと用紙を吸い込み、印刷可のボタンが点灯します。 印刷可

  3. 印刷内容を入力

    「伝票印刷」メイン画面から「チェーンストア統一伝票(ターンアラウンド用1型)」を選択して起動し、必要な内容を入力します。 チェーンストア統一伝票(ターンアラウンド用1型)フォーム画面

  4. 印刷する

    入力したら、[ファイル]メニュー[プリンタの選択]をクリックします。
    「プリンタの選択」画面で「EPSON VP-F2000」を選択してOKします。その後は、VP-4300同様の操作で、印刷位置をあわせましょう。

ポイント

チェーンストア統一伝票(ターンアラウンド用1型)は横幅が12インチで、VP-F2000で利用できる最大幅です。プリンタでの用紙の置き場所(給紙位置)とフォーム画面の印刷設定を調整しながら、印字切れなくぴったり印字できる場所を探します。

用紙位置

印刷位置設定

弊社で試した環境(Windows10)では、プリンタの給紙は紫色のレバー位置が+10mmのあたりにある状態で、ソフトのフォーム画面で印刷設定を左に14mmにしたところ、ぴったり印字できました。 印刷位置設定


単票用紙を印刷してみよう EPSON VP-4300編

1枚ずつ切り離された状態の複写用紙(単票用紙)を印刷する際は、手差し印刷を使います。「伝票印刷」を使って、産業廃棄物管理票(直行用)送り穴なし のマニフェスト伝票を印刷してみました。

使用機種:EPSON VP-4300 ※プリンタによって設定内容などは異なる場合があります。
準備:プリンタドライバは、メーカーホームページ、あるいはプリンタ添付のCDからインストールしておいてください。
ご注意:連続用紙を1枚ずつ切り離して単票用紙として印刷すると、プリントヘッドが紙送り穴に引っかかることがあるため、おすすめしません。行う場合は十分ご注意ください。

  1. 給紙方法

    プリンタのパネルでボタンをクリックして「単票紙」「印刷可」が点灯した状態にします。
    プリンタのパネル

  2. 単票用紙をプリンタにセット

    前からの給紙、手差しで印刷します。用紙を差し込むと自動的に給紙されます。(※カットシートフィーダなどのオプションをお使いの場合は給紙方法が異なります) 手差し

  3. 印刷内容を入力

    「伝票印刷」メイン画面から「産業廃棄物管理票(直行用)送り穴なし」を選択して起動し、必要な内容を入力します。 産業廃棄物管理票(直行用)送り穴なし フォーム画面

  4. 印刷する

    入力したら、[ファイル]メニュー[プリンタの選択]をクリックします。
    「プリンタの選択」画面で「EPSON VP-4300」を選択してOKします。 EPSON VP-4300

    指示に従って進んでいき、印刷プレビュー画面で文字の印刷が切れてしまう個所がないか確認します。
    続いて【印刷】ボタンをクリックすると「印刷」画面が表示されます。 【プロパティ】をクリックし「用紙/品質」タブで給紙方法「手差し」を選択します。(※連続紙の印刷を参考にしてください)

    【OK】ボタンを2回押すと印刷開始です。

  5. 用紙の排出

    印刷が終わると紙が自動的に戻ってきます。
    印刷ずれがあれば、【印刷設定】で調整してください。(※連続紙の印刷時の設定方法を参考に)


単票用紙を印刷してみよう EPSON VP-F2000編

伝票印刷」を使って、チェーンストア統一伝票(手書き用1型)を印刷してみました。

使用機種:EPSON VP-F2000 ※プリンタによって設定内容などは異なる場合があります。
準備:プリンタドライバは、メーカーホームページ、あるいはプリンタ添付のCDからインストールしておいてください。
ご注意:連続用紙を1枚ずつ切り離して単票用紙として印刷すると、プリントヘッドが紙送り穴に引っかかることがあるため、おすすめしません。行う場合は十分ご注意ください。

  1. 給紙方法

    プリンタ本体のレリースレバーを「単票紙」のほうにあわせておきます。

    複写枚数と紙厚から判断して、アジャストレバーは「3」の位置にあわせました。 プリンタの設定

  2. 印刷する

    印刷の結果、給紙位置は紫色の設置バーを+20のあたりにあわせ、フォーム画面の印刷設定は、左に10mmのところで、ほぼぴったり印刷できました。 印刷設定

「VP-F2000」はコンパクトで軽いので扱いやすく、袖机に置いて気軽に印刷でき便利です。 VP-F2000

ラウンド型プリンタを組み立てて印刷してみよう:VP-D1800N編

さまざまな給紙方法をもつラウンド型プリンタ、EPSON VP-D1800N(2018年7月新機種)を、組み立てるところからはじめて、印刷まで試してみました。

ドットインパクトプリンタを購入して箱を開けて中身を取り出したばかりの状態です。
ドットプリンタ組み立て前

写真のようにパーツごとに分かれて収納されています。付属物を確認して、ガイドを見ながら取り付けていきます。
今回は前と後ろにトラクタユニットを設置します。中央にトラクタユニットを設置して給紙する方法もあるようです。※必ず製品付属のガイドを見ながら、おこなってください。

  1. トラクタユニットを前と後ろに取り付けます
    ドットプリンタ組み立て

  2. 用紙ガイドを背後、斜めに取り付けます。
    ドットプリンタ組み立て

  3. 電源やケーブルを接続後、インクリボンを取り付けました
    ドットプリンタ組み立て

    組み立てが済んだら、プリンタをパソコンと接続して、プリンタ付属のCDでプリンタドライバをインストールします。(※インターネットのメーカーサイトにより新しいプリンタドライバが用意されている場合もあります)

VP-D1800Nにはさまざまな給紙方法があり、連続用紙を常時複数個所にセットしておくことができます。今回は、連続伝票・単票それぞれに、前方からと後方から、両方の給紙を試しました。


●連続用紙 - 前からの給紙

  1. フロントサブカバーを外します。 VP-D1800N

  2. 右にある、給紙レバーをプッシュトラクタ(前)に合わせます。 VP-D1800N

  3. プリンターカバーを開けて左側にある紙厚の調整をします VP-D1800N

  4. 用紙ガイドをパタンと後ろに倒します。
    前のカバーを開けて、隙間から用紙をくぐらせてトラクタに用紙をセットします。写真では運送会社の連続用紙の送り状(配送伝票)をセットしています。 VP-D1800N

  5. 前のカバーを閉じます。 VP-D1800N

  6. 給紙ボタンを押して用紙を給紙させたら、印刷を開始できます。 VP-D1800N

    VP-D1800N プリンタの口から用紙を吸い込んでいる様子です。作業スペースを最小限に抑えて、すっきり使えています。

●連続用紙 - 後ろからの給紙

次に、後方からの連続印刷を試しました。

  1. まずは、右にある給紙レバーをプッシュトラクタ(後)に合わせます。 VP-D1800N

  2. プリンターカバーを開けて紙厚の調整をします。 VP-D1800N

  3. プリンタの後ろにあるトラクタに、用紙の穴をセットして、印刷します。写真では、わかりやすいように前方給紙とは別の送り状をセットしました。 VP-D1800N

  4. では、前方からと後方から、両方用紙をセットした状態で、印刷を試してみようと思います。背後からの給紙を印刷している様子です。 VP-D1800N 決まった用紙を常時使うのであれば、用紙のかけ替えの手間がなく、とても便利ですね!

<ポイント>
ただし、給紙レバーや紙厚の設定は、その都度設定や変更が必要です。どちら側から印刷するか、毎回確認・変更するのを忘れずにお願いします。


●単票用紙 - 前からの給紙

さて、では次は、単票用紙の印刷をしてみます。

  1. 給紙レバーを一番奥のカット紙にあわせます。 VP-D1800N ※単票用紙の給紙レバーの位置は、前から、後ろからいずれの場合も一番奥です。

  2. プリンターカバーを開けて紙厚の調整をします VP-D1800N

  3. 用紙ガイドを後ろから外して、前に取りつけます。 VP-D1800N

  4. 用紙の幅にあわせて、給紙ガイドを右のほうにずらします。※左は0に合わせておきます。 VP-D1800N

  5. 用紙を差し込むと自動的に給紙されます。 VP-D1800N

    他の用紙も試しました。
    VP-D1800N

<ポイント>
複写用紙が糊付けされている側から給紙させます。
印刷すると上部に排紙されてきます。


●単票用紙 - 背後からの給紙

最後は、背後から単票用紙を給紙し印刷しました。

  1. 給紙レバーを一番奥のカット紙にあわせます。 VP-D1800N

  2. プリンターカバーを開けて紙厚の調整をします VP-D1800N

  3. 用紙ガイドを前方から外して、斜め後ろに立てかけた状態に取り付けます。用紙を裏向きにして(印刷面を下に)セットします。用紙を差し込むと、自動的に給紙されます。 VP-D1800N

  4. 画面操作で印刷をかけると、前方から排紙されてきました VP-D1800N

<ポイント>
用紙の糊付けが左側にされていたので、90度回転して印刷しました。そのため、あらかじめ90度回転した用紙サイズを登録しています。また印刷時は、印刷プロパティで、印刷の向きを「縦」→「横」に変更しています。


失敗談

実際に印刷をしてみての失敗談も公開します。みなさまのお役に立てば幸いです。

  • [単票用紙 - 背後からの給紙] のとき、給紙位置のメモリが右側にもあったため、用紙位置を右に合わせてしまい、印刷ができずかなり迷いました。
    → [単票用紙 - 背後からの給紙] の際も、給紙ガイドは左に合わせること。
  • [単票用紙 - 背後からの給紙] のとき、用紙を表向きにセットしてしまい、裏面に印刷されてしまいました。
    → [単票用紙 - 背後からの給紙] の際は、用紙は裏向きにセットすること。
  • 一度取り外した排紙ユニットの取り付け方がわからなくなりました。
    →排紙ユニットがない状態でも印刷ができました。(最後にはネットで調べて取り付けに成功しました)

水平型プリンタで色々な用紙を印刷してみよう:富士通アイソテック fit7450Pro(-C)編

富士通アイソテックの水平型モデルfit7450Pro(-C)(2018年7月新機種/赤黒リボン対応機)を組み立てから印刷までしてみました。
連続印刷のほか、前からの手差し印刷、また給紙の位置を自動補正する「単票セットフリー」機能も写真付きでご紹介します。
さらに、この機種は「赤色インク」を搭載していますので、ドットプリンタには珍しい赤色の印刷も試してみます。

  1. ドットインパクトプリンタを購入して箱を開けて中身を取り出したばかりの状態です。
    水平ドットプリンタ組み立て前

  2. 袋から出して、机に置いた状態です。 水平ドットプリンタ袋から出した状態

  3. ガイドを見ながら、ケーブルの接続、印字ヘッドのセット、プリンタドライバのインストールなど行います。 ドットプリンターの組み立てガイド

  4. セットが完了しました。では印刷を始めていきます。 ドットプリンター


●連続用紙 - 前からの給紙

さっそく、fit7450Pro(-C)でヤマト運輸の送り状を印刷してみます

  1. ヤマト運輸の送り状(連続タイプ)をセットします。 ドットプリンターに用紙をセット

  2. トレイを元に戻して印刷している様子です。 ドットプリンターで印刷

  3. 印刷した用紙でずれをチェックして、印刷位置を調整します。フォーム画面【印刷設定】で上下左右3cmまで微調整できます。 印刷位置調整

  4. プリンタに用紙をセットする位置も必要に応じて調整します スプロケット調整

  5. 上部へ排紙されます ドットプリンター排紙


  1. ヒサゴの連続伝票(請求書−GB481/BP0302)も印刷してみます
    赤色インクの機能を使って社印や担当者印も印刷します ドットプリンター請求書印刷

  2. 社印や担当者印がきれいに赤色で印刷されました! ドットプリンター赤色印刷

<ポイント>
赤色印刷をするには、パソコン上でプリンタドライバのプロパティ画面【詳細設定】ボタンをクリックして2色カラーを有効にします。
手順:フォーム画面【印刷】クリック → 印刷ダイアログ【プロパティ】をクリック(図1) → 【詳細設定】クリック(図2) → 「2色カラー」の項目を「有効」にします(図3)

ドットプリンター設定1図1
ドットプリンター設定2図2
ドットプリンター設定3図3

<思わぬ失敗>
※フォーム上で緑色に設定されていた「調整額」という項目名の文字も、赤色で印字されてしまいました。赤色で印刷したくない部分は黒色に設定しておきましょう。


  1. マニフェスト伝票も印刷してみました。 マニフェスト印刷

  2. 赤色インクで担当者印も印刷できました。 マニフェスト印刷



●連続用紙 - 後ろからの給紙

fit7450Pro(-C)で、ヒサゴの連続伝票(領収証 GB128)を印刷してみます。
赤色インクで社印と担当者印を入れます

  1. トラクターユニットを前から後ろに付け替えて、トラクターユニットに用紙をセットします。 ドットプリンタートラクターユニット

  2. 後ろから給紙して印刷するとすると、前から排紙されてきます。 ドットプリンター排紙



●単票用紙 - 前からの給紙

次にfit7450Pro(-C)で単票用紙の印刷をしてみます。ここでは単票セットフリー機能を試しました。
※「単票セットフリー」機能は、給紙の際の傾きや位置の違いを吸収し、自動的に補正してくれる機能です。

  1. まずは「単票セットフリー」をオフの状態で、マニフェスト伝票(単票紙)を、通常の位置から印刷してみます。
    <ポイント>
    用紙の左端に糊付けがあるので、90度回転して印刷しています。 ドットプリンター単票

  2. 印刷されて出てきました ドットプリンター単票


今度は「単票セットフリー」の機能を試してみます。

  1. パネルで「単票セットフリー」が点灯した状態です。 ドットプリンター単票セットフリー

  2. 真ん中あたりに用紙を差し込みましたが、ちゃんと自動で給紙されました。そして印字開始位置も自動で判断してくれました。 単票セットフリー印刷

感想
用紙はプリンタの正しい位置に合わせなければいけないという先入観があり、単票セットフリーを試す際も、どこに用紙を合わせるのか、つい考えてしまいました。
この機能は、斜めに給紙させたり、多少異なる位置から給紙しても、自動でぴったり印刷してくれる便利な機能ということです!
参考)「単票セットフリー」機能について


●fit7450Pro(-C)の赤色インク機能を使用して印刷した伝票類

印鑑はやはり赤色で印刷したいですよね。レーザーやインクジェットプリンタではカラー印刷は当たり前ですが、ドットインパクトプリンタでも赤色実現できるとは、びっくりしました。
実際に赤色インクの機能を使って印刷した伝票類を写真でご紹介します。

ヒサゴ 領収証 GB128 ヒサゴ 領収証 GB128

ヒサゴ 請求書 GB481/BP0302 ヒサゴ 請求書 GB481/BP0302

マニフェスト伝票(産業廃棄物管理票(直行用)) マニフェスト伝票(産業廃棄物管理票(直行用))


いかがでしたか?ドットインパクトプリンタを使っての印刷は決して難しいものではないと感じていただければ幸いです。


ドットインパクトプリンタの導入をご検討のお客様へ

弊社では、2018年9月28日までの期間限定で[好評につき期間延長中!]、EPSONや富士通アイソテック等のドットインパクトプリンタを販売中です。お気軽にお見積もりをご用命ください。 ※レーザープリンタやインクジェットもお取り扱いいたします。

EPSONドットインパクトプリンタ

»こちらのキャンペーンチラシ(PDF)よりお見積もりをご依頼ください!