ドットインパクトプリンタについて


| 種類 | 導入時の注意点 | 使い方 | 導入をご検討の方へ |

「おすすめのドットプリンタはありますか?」「○○製型番◎◎はTBソフトで使えますか?」といったお問い合わせをよくいただきますが、『伝票印刷』『送り状印刷』などのTBソフトは、OSに適したプリンタドライバがプリンタメーカー様より提供されていれば、基本的には動作します。
すでにプリンタをお持ちならば、ぜひ各ソフトの無料体験版で印刷をご確認ください。

ドットインパクトプリンタ

これからドットインパクトプリンタ―を導入するお客様へ

複写式、連続タイプの用紙は、不定形サイズが多く、複写枚数もまちまちです。お使いの用紙によっては、利用できないドットプリンタがあります。
ご利用予定の用紙のサイズや複写枚数をあらかじめご確認の上、ドットプリンタを選択してください。
※単票(連続紙ではなく一枚ずつの用紙)を印刷する場合には、水平給紙ができるドットインパクトプリンタを推奨します
【参考資料】ドットインパクトプリンター選び方ガイド(EPSONのホームページ)

主なドットインパクトプリンタの種類

弊社では、EPSONのVPシリーズ、OKIのMICROLINEシリーズ、NECのMultiImpactシリーズ、富士通FMPRシリーズ、富士通アイソテックfitシリーズで動作確認済です。

※機種によって、セットできる用紙の形状、用紙幅、複写枚数その他に制限があります。正しくセットできる用紙でご利用ください。詳細は、各プリンタメーカーの機種の仕様ページでご確認ください。詳細はこちら »をご覧ください。


ドットインパクトプリンタの導入時の注意点

ドットプリンターは、インクリボンにピンで圧力を加え、ドット(点)で文字を印刷するタイプのプリンタです。 導入する際は、印刷する用紙のサイズ、複写枚数、連続用紙か単票かといった形状などと、プリンタの仕様を照らし合わせて適したプリンタを選択します。 詳細はこちら »をご覧ください。

ドットインパクトプリンタの仕組み

ドットインパクトプリンタの仕組み

複写用紙に印刷

送り状や複写伝票に印刷できます


ドットインパクトプリンタの使い方

ドットプリンタはインクジェットやレーザープリンタに比べてなじみがないという方が多いと思います。導入できるのか?うまく使えるのか?具体的にはどうやって使うのか?などの疑問をお持ちの方に向けて、ドットインパクトプリンタの詳しい使い方を写真付きでご案内しています。ぜひご参考にしてください。

vp-1900 ■ドットインパクトプリンタの使い方


ドットインパクトプリンタをご検討のお客様へ/弊社にて好評販売中です!

弊社では、期間限定でEPSONや富士通アイソテック等のドットインパクトプリンタを販売中です。お気軽にお見積もりをご依頼ください。
※他の型番や、レーザープリンタやインクジェットもお取り扱いいたします。

EPSONドットインパクトプリンタ

FAX専用 見積書PDFダウンロード »
必要事項をご記入の上、FAXにてご依頼ください

お問い合わせ窓口

TEL:052-937-0996
受付時間 9:00〜12:00/13:00〜16:45 (土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)

ドットインパクトプリンタ対応ソフトのご紹介

複写伝票や連続紙(マニフェスト伝票やチェーンストア統一伝票、送り状や荷札、手書きの複写伝票)にかんたん印刷できるソフトをご用意しています。ぜひ体験版(無料)で印刷や使いやすさをお試しください。

伝票印刷伝票印刷 12
送り状印刷送り状印刷 12
指定伝票指定伝票 12
※フォーム作成できます
伝票革命伝票革命 12
※フォーム作成できます
※データベース付きソフトです
※基幹システムや通販システムからダイレクトな送り状・伝票印刷を可能にする、システム開発者様向けツール『LinkPrint』・『LinkPrint CLOUD』もございます。