ドットインパクトプリンタについて


| 種類 | 特徴・仕組み | 選ぶ際の注意点 | 使い方 |

「おすすめのドットプリンタはありますか?」「○○製型番◎◎はTBソフトで使えますか?」といったお問い合わせをよくいただきますが、『伝票印刷』『送り状印刷』などのTBソフトは、OSに適したプリンタドライバがプリンタメーカー様より提供されていれば、基本的には動作します。
すでにプリンタをお持ちならば、ぜひ各ソフトの無料体験版で印刷をご確認ください。

ドットインパクトプリンタ

ただ、複写式、連続タイプの用紙は、不定形サイズが多く、複写枚数もまちまちです。お使いの用紙によっては、利用できないドットプリンタがあります。
ご利用予定の用紙のサイズや複写枚数をあらかじめご確認の上、ドットプリンタを選択してください。
※単票(連続紙ではなく一枚ずつの用紙)を印刷する場合には、水平給紙ができるドットインパクトプリンタを推奨します

主なドットインパクトプリンタの種類
EPSON

VPシリーズ・PLQ-30S

※VP-6200/N、VP-5200/N、VP-4300/N2・VP-43KSM、VP-2300/N2(注)、VP-F2000(注)、VP-1900/N2(注)、VP-D1800/N(注)、VP-D1300(注)、VP-930R(注)、VP-D800/N(注)、VP-D500(注)、PLQ-30S(注) にて動作確認済みです
(注) 用紙サイズ、給紙方法、複写枚数など印刷できる用紙形状に注意が必要です

対応ソフトで、販売系伝票や送り状、産廃マニフェストの印刷ソフトとしてご紹介いただいています。プリンタカタログはこちら

よく使われる帳票の紹介用紙とプリンタの対応表も参考にしてください

EPSONショールームのご紹介(完全予約制)
TBソフトウェアの製品や体験版をインストールしたPCをご持参いただくとスムーズです

株式会社沖データ

MICROLINEシリーズ

※ML8480SU-Rにて動作確認済みです

NEC

MultiImpactシリーズ

※MultiImpact 700JAにて動作確認済みです

FUJITSU

FMPRシリーズ

※FMPR5400にて動作確認済みです

プリンタとの連携をご紹介いただいています。プリンタカタログはこちら

富士通アイソテック株式会社

fitシリーズ

※fit7550にて動作確認済みです

送り状ソフトとしてご紹介いただいています

ドットインパクトプリンタ参考資料はこちら

※機種によって、セットできる用紙の形状、用紙幅、複写枚数その他に制限があります。正しくセットできる用紙でご利用ください。詳細は、各プリンタメーカーの機種の仕様ページでご確認ください。


ドットインパクトプリンタの特徴・仕組み

ドットプリンターは、インクリボンにピンで圧力を加え、ドット(点)で文字を印刷するタイプのプリンタです。

ドットインパクトプリンタの仕組み

ドットインパクトプリンタの仕組み

複写用紙に印刷

送り状や複写伝票に印刷できます

宅配伝票や業務用帳票などの複写伝票、連続紙の印刷には、ドットインパクトプリンタが欠かせません。(インクジェットプリンタやレーザプリンタでは複写伝票や連続紙の印刷はできません)
そのため、現在でもオフィスを中心にドットインパクトプリンタが使われています。


ドットインパクトプリンタの導入時には、なにに注意して選べばいいのでしょう?いくつか注意すべき点があります。

  1. 印刷できる複写枚数

    各ドットインパクトプリンタによって、複写できる枚数が異なります。例えば6枚複写の用紙に印刷したいのに、4枚までしか複写できないプリンタを購入してしまうと、最後の紙まできれいに複写されません。
    必ず印刷したい紙の枚数を確認してからご検討ください。

  2. 印刷できる紙の大きさ

    プリンタによって印刷できる紙の大きさも異なります。ドットプリンタの場合は、A4やB4といったサイズよりも、主に「インチ」単位で用紙サイズが表記されています。
    例えば幅4インチ〜10インチまでしか印刷できないプリンタでは、幅12インチの用紙はどうしても印刷することはできません。あらかじめ印刷したい用紙の大きさもお調べの上ご検討ください。

  3. 印刷可能な部分の大きさ

    上記の用紙サイズがプリンタの制限内であるかどうかとは別に、印刷可能な部分の大きさも確認が必要です。(「印字桁数」と呼ばれることもあります)
    プリンタは一般的に、用紙の隅から隅まで印刷できるわけではありません。用紙内で実際に印刷ができる部分の大きさが決まっています。あらかじめ、ご自分が印刷したい用紙の印刷範囲を確認してください。

  4. 給紙方法とプリンタの大きさ

    ドットインパクトプリンタには、一般的にラウンド型と水平型があります。ラウンド型の方がコンパクトに収納できますが、安定稼働率が高い上位機種は水平型です。詳しくはプリンタメーカーなどにご相談ください。


ドットインパクトプリンタの使い方

ドットプリンタはインクジェットやレーザープリンタに比べてなじみがないという方が多いと思います。導入できるのか?うまく使えるのか?具体的にはどうやって使うのか?などの疑問をお持ちの方に向けて、ドットインパクトプリンタの詳しい使い方を写真付きでご案内しています。ぜひご参考にしてください。

vp-1900 ■ドットインパクトプリンタの使い方