LinkPrint 製品紹介

専用帳票も、レポート印刷も『パーツ化』により1つのツールで可能に!

LinkPrint 帳票開発統合ツール 〜 専用帳票からレポートに至るまで、一つのツールであらゆる帳票への印刷を可能にします

集計などが可能なレポート印刷機能と専用帳票の開発は一つのツールで!

A4白紙帳票、集計を必要とするレポート、取引先の非定型サイズの連続用紙や複写送り状など、社内に存在する印刷帳票は多岐に渡ります。

これらの帳票を一つの帳票ツールで開発するのは、従来難しいものでした。
LinkPrintは、印刷したいフォームデータや、レポートデータをパーツ化することにより、帳票開発機能を統合した一つのツールで実現します。

2016年1月の社会保障・税に関わる番号制度(いわゆるマイナンバー制度)など、法令による帳票の変更では、基幹システムの対応に時間がかかり、印刷の対応が後回しになりがちです。そのような場合にもLinkPrintなら基幹システムからの印刷をスピーディーにサポートします。

開発コストの圧縮を実現!1000帳票以上の設計済みフォームを搭載!

帳票開発には多大なタイムコストが発生します。
帳票ツールを使うことにより、そのタイムコストを圧縮することができるのですが、帳票定義(印刷データのマッピング作業)を行うことよりも、実際の印字あわせ、デバッグにかかる作業が大変です。

そこでLinkPrintでは設計済みフォーム(印字位置設計済み)1000帳票以上の中から必要なものを選んでご利用いただくことで、印字デバッグにかかる開発コストの圧縮を実現します。

提供している帳票フォーム…売上伝票、宛名、統一伝票、給与明細、マニフェスト伝票 など
提供フォーム一覧»

実行PCの環境で印刷を可能に!

Webシステムの帳票開発などで困るのは、実行PCの印刷環境がそれぞれ異なることです。

LinkPrintでは、アドオンで実行PCの印刷環境を利用して印刷する仕様になっているので、実行PCのブラウザ上でプリンタの選択や印字補正が可能です。
また、用紙サイズ登録もツールが自動で行います。


ブラウザ上での細かな印刷コントロール
印刷プレビューを表示しながら、プリンタ名・給紙方法・印刷位置などの設定がブラウザ上でダイレクトに表示できます
スプール機能
印刷ジョブをため、印刷の実行・保留・削除が可能です。用紙交換のための印刷休止や分割印刷などに便利です。

帳票開発統合ツール LinkPrintとは

帳票開発でよく問題になるのは、「作成する帳票の種類が多岐に渡り、1つの帳票ツールで開発するのが困難なこと」です。

得意先指定の専用帳票やレポート、集計表、自社内で使用する白紙の帳票類など様々です。LinkPrintでは、これら帳票のタイプを大きく2種類(伝票タイプ、レポートタイプ)に分け、それぞれのタイプで作成をしやすくする工夫がなされています。

開発時は、帳票データ(伝票タイプ)、レポート定義データ(レポートタイプ)をアドオン時のプロパティにセットしてHTMLから呼び出すだけで印刷処理が可能となりますので、帳票の種類にかかわらず、同じ方式をとることができます。
また、実行時も、タイプの違う帳票であっても同じイメージで印刷実行が可能となり、帳票開発基盤・帳票実行基盤を統一することができます。

その結果、帳票追加や帳票変更が非常に効率よく行うことが可能となり、開発コスト削減につながります。このほか、そのままご利用いただける設計済帳票フォームも1000種類以上ご用意しています。


帳票開発環境
フォーム作成ツール、レポート作成ツールを使って印刷に必要なデータ類をパーツ化します。設計済みフォーム(1000種以上)もフォームデータとしてパーツ化できます。
アドオン
印刷データをフォームデータかレポートデータのどちらかを使ってアドオンを実行します。
帳票形式の違うデータも同じ開発形式で対応可能になり、帳票開発基盤を統合化することができます。
実行PC環境
実行PCに接続されたプリンt(ドットプリンタ、レーザープリンタ、インクジェットプリンタなど)はすべて対応可能です。
非定型用紙サイズは自動登録され、実行PCで印刷位置の補正ができます。
一度印刷いただくとフォームとプリンタ、給紙方法、補正情報などが実行PCへ保存されるので、印刷するたびにプリンタの設定は不要です。

導入検討・お問い合わせはこちら»