送り状印刷 12ご購入後のQ&A

『送り状印刷 12』をご利用中の方からよくある操作についてのご質問をご紹介します。


QUESTION 封筒「長形3号」を縦置き・横書きにして住所録Excelブックから転記・印刷できますか?
ANSWER

以下の手順で「長形3号」のフォームに横書きスペースを追加し、Excelデータに対応づける事が可能です。

  1. 封筒「長形3号」フォームを起動し、レイアウトモードにします。
    レイアウトモード
  2. 既存の「住所」「宛名」スペースなどは削除します。
    スペース削除
  3. スペース追加バーの[文書]ボタンをクリックし、ドラッグの操作でスペースを追加します。
    ※必要なスペースはすべて作成します。例:「住所」「会社」「担当者」「敬称」スペースなど [文書]ボタンクリック
    スペース追加
  4. 追加した住所スペース上で右クリックし、メニューから「選択スペースをExcelと対応づける」をクリックします。
    選択スペースをExcelと対応づける
  5. 「項目をExcelデータに対応づける」画面にて「お届け先」、「住所」にチェックを付け[OK]ボタンをクリックします。
    「項目をExcelと対応づける」画面
  6. 同様に「会社名」「担当者」スペースも右クリックして設定します。
    「会社名」スペースの場合:「項目をExcelデータに対応づける」画面にて「お届け先」、「会社名(+部署)」にチェック
    「担当者」スペースの場合:「項目をExcelデータに対応づける」画面にて「お届け先」、「担当者」にチェック
    (「敬称」スペースは、「様」と入力して「書式」-「データを残す」にチェックを付けると、固定データとして登録できます)
  7. オリジナルフォームに登録をします。
    [フォーム登録]ボタンクリック
    登録名を入力
あとは、住所録Excelブックを起動して、データを選択後、登録したオリジナルフォームに転記・印刷をします。
住所録Excelブック
オリジナルフォームを選択
横書き封筒が完成

質問の一覧に戻る

その他ご質問はこちらまで »