指定伝票 10

[作る]「フォーム作成ナビゲータ」が手順を案内

「フォーム作成ナビゲータ」が、用紙種類別に、14通りの作成手順を案内します。
種類を選んでナビゲータの指示通り進めば、自然にフォームが完成します。
もちろん、フォーム完成後も、フィールドの位置調整や設定のし直しは可能です。

フォーム作成ナビゲータでの流れ

  1. 用紙カテゴリを選んでスタート

    「フォーム作成ナビゲータ」が、用紙の種類別に作成手順をナビゲートします。まずはお手持ちの用紙がどのカテゴリに属するか選択してください。

    フォーム作成ナビゲータ

    対応カテゴリ
    ・納品書 ・請求明細書 ・合計請求書 ・見積書 ・注文書 ・宅配伝票 ・荷札 ・宛名ラベル ・商品ラベル/プライスカード ・バーコードラベル ・報告書 ・一覧表 ・newギフト申込書 ・その他
  2. 用紙をスキャンしてサイズ設定

    フォームを作成する際、どこにフィールドを配置するかの目安とするために、まず伝票の画像を背景に設定することをお勧めします。
    お手持ちの用紙をスキャナで読み込んでご利用ください。既に用紙のイメージをデータ(BMP/JPEG/GIF/TIFF/PNG/PSD/EPS)でお持ちの場合は、それを指定することもできます。
    また、特に指定の用紙がない場合などは、ソフト内で提供しているサンプル台紙を利用することもできます。

    用紙の設定
  3. 配置するフィールドを選択

    最初に選択したカテゴリごとに、その伝票に適したフィールドの候補が提示されます。
    伝票の自動連番、コード入力など、特殊な機能を有した専用フィールドもあらかじめ用意されています。
    その中から、作ろうとする伝票に実際に必要なフィールドを選択してください。足りない場合は、ご自分でフィールドを追加することもできます。

    スペースの選択

    マークの説明

    伝票番号を自動入力するフィールド

    コード入力のキーフィールド

    コード入力対応フィールド。コードを入力すると、関連フィールドに台帳(得意先/商品)のデータを自動転記


    【その他選択できるフィールド属性】
    文書/数値/自動入力日付/画像/チェックボックス/連番/バーコード

  4. 用紙イメージ上にフィールドを配置

    選択したフィールドを、伝票イメージ上に配置していきます。大きさや配置はマウスで自由に設定できます。
    明細欄は、1行目のみ作成して、行数と明細全体のサイズを指定するだけで、2行目以降を自動作成できます。

    スペースの配置
  5. 計算式の設定

    最後に、配置したフィールドの入力順や、計算式などを設定して、フォームに名前を付けて登録します。
    もちろん登録した後にフォームを修正することもできます。

    計算式の設定

『指定伝票 10』体験版を今すぐダウンロード »