送り状印刷 11

用紙イメージそのままの見やすい画面

『送り状印刷』の特長は、送り状用紙にまるで手で直接書き込んでいくような感覚で、初めての方にも簡単に使える入力画面(フォーム画面)です。
依頼主情報や日付の自動入力、金額の自動計算など、効率的な入力作業をサポートする様々な機能が搭載されています。

フォーム画面とは

送り状や荷札の見た目そのままがパソコンの画面に表示されます。入力すべきところにはあらかじめ枠が用意されているので、枠を選んで文字を入力するだけ。初めてご利用の方や、パソコンの難しい操作は苦手と言う方にも、手書きと同様の感覚ですぐに使えて、そのまま印刷できます。

フォーム画面のさまざまな機能

フォーム画面

フォーム画面には、見た目をきれいに印刷する・少ない手間で楽に入力するためのいろいろな機能が備わっています。

  1. 用紙のマス目に自動で位置を合わせます
  2. 「受付日」には今日の日付を自動入力します
  3. 顧客台帳から届け先/依頼主情報をクリック一つで転記できます(後述)
  4. クリックでチェック(○/レ)がつけられます
  5. メモのためにお問い合わせ番号を記入できます(印刷はされません)
  6. 合計金額等を自動計算します(後述)

金額の自動計算(6)

自動計算

代引などの伝票では金額計算を自動的に行います。
自動的に金額を合算し、用紙の位取りにあわせて表示します。

※伝票によっては金額計算設定がないものもあります
※ご自分で計算式を設定していただくことはできません。フォームカスタマイズまたは『指定伝票』をご検討ください。

顧客管理ツールから、依頼主・届け先情報を転記(3)

顧客台帳ツールから情報転記

顧客管理ツールに顧客の名前・住所・郵便番号・電話番号などを登録しておきます。
登録されている顧客を選んで【届け先転記】または【依頼主転記】ボタンをクリックすると、フォーム画面の「届け先」または「依頼主」に顧客情報を転記できます。
送り状の画面を見ながら顧客を選びたいという方におススメの機能です。

顧客管理ツールについて詳しくはこちら »

商品台帳からのコード入力

商品台帳からのコード入力

※「商品コード」欄が存在しないフォームには、品番を入力して転記することはできませんが、商品台帳から品番と品名をコピーして貼り付けることができます。

電話帳からの転記

電話帳ツール(オプション/有料)を使えば、電話番号から検索した住所や顧客名をフォーム画面に転記できるので、入力の手間や入力ミスを防ぎます。

入力フィールドのカスタマイズ

フィールド位置の移動

送り状の各フォームには、あらかじめ用紙にあわせて一般的なフィールドが用意されています。
しかし、必要に応じて、さらに独自のフィールドを追加することができます。また既存フィールドの位置やサイズの変更、また文字のサイズやフォントも変更することができます。(「レイアウトモード」でおこないます)

フォーム間データ転記機能

フォームに入力した送り主・お届け先などの主要なデータを、別のフォームに転記することができます。
送り状に住所や名前を入力した後、同じ内容を荷札にも入力したいという場合や、運送会社や送り状を急に変更する必要が生じた場合などに、一から入力する手間が省けます。
※対応していないフォームもあります

ワードメモ

「毎度ありがとうございます」など、よく使う言葉や挨拶をあらかじめ登録しておける「ワードメモツール」をご用意。登録したことばをクリックするだけで、フォーム上のスペースにその言葉が入力されるので、毎回入力する手間が省けて便利です。

『送り状印刷 11』体験版を今すぐダウンロード »