MJS製品をご利用のユーザーへ

『MJSかんたん!販売仕入』をご利用のお客様へ

連携利用をおすすめします

『MJSかんたん!販売仕入』と『伝票印刷』や『送り状印刷』を一緒に使うことで、 『MJSかんたん!販売仕入』のデータを『伝票印刷』や『送り状印刷』に収録されているフォームに書き出して印刷できるようになります。

印刷が可能となるフォーム

  • 『伝票印刷』で『MJSかんたん!販売仕入』に対応する用紙品番は『伝票印刷』対応用紙一覧 からご確認ください。
  • 『送り状印刷』で『MJSかんたん!販売仕入』に対応する用紙品番は『送り状印刷』対応用紙一覧 からご確認ください。
  • ※ リンク先ページの 印をご覧ください。対応用紙には 印が付いています。

ご注意ください

『MJSかんたん!販売仕入』に対応する用紙品番のうち、一部のフォームは連携のご利用ができません。

● 『伝票印刷』で対応していないフォーム
  • 請求書:ヒサゴGB2101のうち「源泉徴収税対応」フォーム
  • はがき:OP1100N 往復はがき2面、往復はがきの「返信」用フォーム
  • 封筒:洋形0号、長形3号、長形4号、角形2号の「裏面」用フォーム
  • A4:FAXお問い合わせ票
  • A4:第1号様式 消費税課税事業者選択届出書
  • A4:第2号様式 消費税課税事業者選択不適用届出書
  • A4:第3号様式 消費税課税事業者届出書
  • A4:第5号様式 消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書
  • A4:第24号様式 消費税簡易課税制度選択届出書
  • A4:第25号様式 消費税簡易課税制度選択不適用届出書
  • A4:消費税の申告書
● 『送り状印刷』で対応していないフォーム
  • 便利シール、汎用シール、バーコードラベル、商品ラベル、プライスカード、商品リスト、マニフェスト伝票
  • 宛名印刷の際のカスタマーバーコードには非対応です
  • 宛名部分のみの印刷です
重要 ※必ずお読みください

『MJSかんたん!販売仕入』から『送り状印刷 7プラス』フォームに印刷ができるようにするには、プログラムのアップデートが必要です。
「送り状印刷7プラス アップデートファイル」(Ver. 9.23以降)をダウンロードしてインストールしてください。
※『伝票印刷(8以降)』『送り状印刷(8以降)』は製品CD-ROMのままで連携可能です

『送り状印刷7プラス』アップデートファイルをダウンロードする

連携利用の方法(手順)

  1. 『MJSかんたん!販売仕入』の「売上伝票」や「締め請求書」の画面から【書き出し】ボタンをクリックします。
  2. 「書き出し」ボタンで「TB社「いんさつどう?ラク!伝票印刷」へ」または「TB社「いんさつどう?ラク!送り状印刷」へ」を選択します。
  3. 【書き出し】ボタンをクリックします。
  4. 「フォームの選択」画面が表示されます。お使いのフォームを選択して【OK】をクリックします。
  5. データが転記された状態でフォーム画面が表示されます。
  6. 印刷します。


サポートに関するお問い合わせはこちら »