LinkPrint CLOUD 製品概要

インストール不要で帳票の開発から出力まで全てクラウド上で利用可能なクラウド帳票ツール

LinkPrint CLOUD
スマートSMEロゴ

LinkPrint CLOUD とは

「LinkPrint CLOUD」は、20年20万社を超える帳票ソリューション導入実績を持つTBの帳票クラウドサービスです。
得意先指定伝票の作成から印刷・Web発行まで、クラウドであらゆるパターンの帳票出力・管理を実現します。

LinkPrint CLOUD

Web APIでのシステム連携利用も、単体の帳票作成サービスとしての利用も

LinkPrint CLOUD

Web APIを利用した上位システムとのシームレスな連携(開発版+ユーザ版)と、現場での柔軟な運用を可能にする単体利用(ユーザ版)、両方を組み合わせた柔軟な運用が可能です。

Web発行や自動印刷など多彩な出力とその一元管理を実現

出力はPDFファイルを作成して行います。

PDFのダウンロードURLを得意先にメールで送付するWeb発行から、事前に設定したプリンタでの自動印刷まで、多彩な出力を実現します。

LinkPrint CLOUD

送付一覧

送付管理機能を利用することで、Web送付・印刷出力を問わず、送付状況(送付前、送付済み、取消)を管理することができ、Web送付であれば、受取側がダウンロードしたかどうかの確認もできるので、送付先とのやり取りもスムーズです。

LinkPrint CLOUD

受信ファイル一覧

受取側は専用ページへログインすることでPDFファイルを過去分も含めダウンロードすることができます。CSV形式でのダウンロードもできるので経理システムへの取り込みもラクラクです。

100種類以上の設計済みテンプレートで開発工数を削減

すぐに利用可能な100種類以上のテンプレートフォームを収録。そのまま利用することも、それをベースにアレンジすることもできます。

得意先指定伝票を一から設計することも可能、レイアウト作成から計算式の設定まで全てノンプログラミングで実現します。

LinkPrint CLOUD

フォームカテゴリ

テンプレートに配置する項目のデータ種別や計算式の設定を行います。

LinkPrint CLOUD

テンプレートフォーム(設計モード)

フォームカテゴリの項目を配置してレイアウトを作成します。

帳票作成をサポートする様々な機能

フォーム振り分け機能
印刷データ内に複数の会社宛てのデータが混在している場合などに利用、印刷データ内のキー項目を判別して設定されたフォームに振り分けて印刷できます。
LinkPrint CLOUD
LPC Direct(PDF印刷自動化ツール)
PDF作成後の印刷自動制御を可能とするツールです。
用紙とプリンタ・トレイの組み合わせを事前に設定。PDFを作成すると指定したプリンタでの自動印刷が実行されます。
プレビューでの確認やプリンタ変更、用紙の掛け替えなどを行うための印刷待機ダイアログを表示させることも可能です。
LinkPrint CLOUD
マスタ管理
「商品マスタ」と「得意先マスタ」に情報を登録しておくと、差し込み印刷時および手入力印刷時に、マスタに登録済みの情報を取得して印刷ができます。
また、送付管理機能で利用する、得意先ごとの送付方法・利用フォームや、受取用のログインIDやパスワードの設定も「得意先マスタ」で行います。

印刷履歴も共有

Web APIからの出力、手入力からの印刷、どの方法で印刷した場合でも、

いつ・誰が・どのフォームで・どのデータ

を利用して印刷したかの履歴が全て残り、情報の適切な管理ができます。

csvデータでのダウンロードも可能です。