LinkPrint CLOUD(リンクプリントクラウド)よくあるご質問

詳しい商品説明はこちら

事前準備について

CSVデータをアップロードするだけで請求書の作成・送付ができるクラウド電子帳票発行サービスです。

ブラウザ(Windows:Chrome/Edge、Mac:Safari)があれば利用できます。動作環境 »

請求書のほか、見積書・注文書・支払明細書・領収書などの様々な帳票に対応しています。

@電子送付A印刷B郵送(オプション)CFAX送信(オプション)の4通りの送付とその管理が可能です。

ご契約期間1年で3,000件(月換算250件)までの送付履歴の管理が可能です。オプションでご契約いただく「郵送代行」「FAX送信」の数量はぞれぞれ別カウントとなります。

請求書だけでも30種類以上、適格請求書(インボイス)や、見積書、統一伝票や送り状・宛名ラベルなどの設計済み帳票を100種類以上収録しています。標準テンプレートをベースにアレンジすることもできます。

専用エディタでオリジナル帳票の作成が可能です。
※帳票の内容によっては対応できない場合もございます。詳細はお問い合わせください。

対応しています。インボイス対応テンプレートを利用いただくか、オリジナルで作成することもできます。

専用ツールで自由に設定できます。

導入サポートにおいて、お客様のCSVデータを確認し、取り込み設定のカスタマイズの方法をご案内しますのでご安心ください。※CSVの内容によっては対応できない場合もございます。詳細はお問い合わせください。

PDFを取り込んで送付することができます。

電子送付の他、郵送代行、FAX送信、また専用紙の印刷機能を備えており、得意先によって切り替えられます。

運用開始に必要な下記設定の支援を行う有償サービスです。
・オリジナル帳票登録支援(標準テンプレート選定・社判・ロゴアレンジ)
・データ取り込み支援(取り込みサンプルCSV提供)
・得意先マスタ登録支援

帳票設計について

CSVの取り込み設定の名称です。用途に合わせて「請求書」や「見積書」などの名称を登録ください。電子送付を利用する場合はこのフォームカテゴリ名称は受け取り側の画面にも表示されます。

帳票デザインの名称です。「請求書」「A社様請求書」など運用に合わせて自由に登録できます。登録数に制限はありません。電子送付を利用する場合はこのテンプレートフォーム名称は受け取り側の画面にも表示されます。

文章(文字列・数値・日付)/表/画像/チェック/バーコード/税率区分/テキスト効果/図形ツール を利用して帳票をデザインできます。

専用ツールで作成できます。行・列を認識させるいわゆる明細表形式のものと、単なるセルの集合体であるセル単位の表の作成が可能です。2つ以上の表も作成できます。

専用ツールで作成できます。

総合計対象スペースの表示設定機能で対応可能です。

マス目に合わせる/小数点の表示・非表示/数値の表示方法/値が0の時の0表示/カンマの表示・非表示/接頭文字/接尾文字の各種設定が可能。

準備時や運用開始後の仕様変更時の設計時のデータ取り込みテストなどは送付管理とは別で、テンプレートフォームの一覧画面から自由に行えます。

運用について

@自社システムから出力したCSVを取り込む。
 複数社のCSVを一括で取り込む一括作成/1社ごとにCSVを取り込む都度作成があります。
A自社システムなどで作成したPDFファイルを取り込む。
BLPC上で手動で入力する。
の3通りが可能です。

一括での取り込みに対応しています。得意先マスタの「お客様コード」をキーとして指定して振り分けます。

送付する取引先を選択、PDFファイルを指定して必要に応じて「取引年月日」と「取引金額」を入力し送付物として登録します。電子送付を利用する場合は取り込んだファイル名称が受け取り側の画面にも表示されます。

取引先と帳票を選択して、帳票画面に直接データを入力して送付物として登録することができます。

1社ごとのCSV取り込みであれば追記修正可能は編集画面を起動することができます。

@電子送付A印刷B郵送(オプション)CFAX送信(オプション)の4通り、事前に設定しておけば一括作業が可能です。

社名、住所などの得意先についての基本的な情報と、送付管理をするための情報(その得意先への送付方法や利用するテンプレートフォームなど)を登録し、その情報をもとに送付物の作成と送付作業を行います。

【ID/作成日/取引年月日/取引先/取引金額/送付日/送付方法/状態/作成者/送付実行者/取消実行者/フォームカテゴリ】での検索が可能です。

送付物登録されたデータを「ゴミ箱」に移動させれば、送付一覧から削除され送付件数としてもカウントされません。

元のデータの「取消」処理を行い、新たに送付物を作成してください。

送付したデータは11年間(ご契約期間内)保存可能です。

電子送付について

可能です。納品書、見積書、支払い明細などでも利用いただけます。

ファイル数は5点まで、また送付1件あたり合計10MB以内まで可能です。

送付処理が実行されると送付先へメールが送信されます。メールに記載されたログインURLからログインし請求書などの帳票をダウンロードできるようになっています。

システムから案内メールの配信ができます。書面で送付する場合のひな形もございます。

各種案内はLPCの専用のアドレス(no-reply@lpcloud.jp)で送付されます。

無料でご利用いただけます。

電子送付ならダウンロードされたかどうか、された場合はその日時を確認することができます。

得意先ごとに変更できます。

電子送付の受け取りにはID,パスワードでのログインが必要です。

受け取り側の画面から変更・追加(最大3件まで)いただけます。

超過状態でもご利用いただけますが、月末時に超過状態だった場合は自動で追加パックの購入処理が行われます。

郵送代行について

郵送代行オプションで利用できます。
郵送依頼用にはA4縦のテンプレートフォームまたはPDFファイルを選択、作成してください。
「二つ窓付き封筒」に宛名台紙とご依頼の書類を同封し郵送します。ご依頼書類6枚までで1通分消費します。超過した場合は、7〜12枚で2通、13〜18枚で3通と、6枚を超過する毎に郵送代行パックの保有通数を消費します。

可能です。A4縦のテンプレートフォームまたはPDFファイルに対応しています。

ファイル数は5点まで、また送付1件あたり合計10MB以内まで可能です。

送付前/送付前(取消済)/送付済み/送付済み(取消済)/郵送依頼済み/郵送作業中/送付済み

不要です。LinkPrint CLOUD 側で準備しています。

1通につき最大200枚(ページ)まで可能です。

可能です。宛名台紙編集機能で編集いただけます。

できますが、郵送作業中に進んだものについてはキャンセルはできません。

1通からご利用いただけます。

平日の16時までに郵送依頼いただいたものは、翌営業日に投函されます。

超過状態でもご利用いただけますが、月末時に超過状態だった場合は自動で追加パックの購入処理が行われます。

FAX送付について

FAX送信オプションで利用できます。A4縦のテンプレートフォームまたはPDFファイルを選択、作成ください。

ファイル数は5点まで、また送付1件あたり合計10MB以内まで可能です。

最大200枚まで可能です。

超過状態でもご利用いただけますが、月末時に超過状態だった場合は自動で追加パックの購入処理が行われます。

印刷について

ファイル数は5点まで、また送付1件あたり合計10MB以内まで可能です。

本ツールのみ、インストール作業が必要となります。帳票とプリンタの組み合わせを登録することができ、送付実行時に、設定したプリンタからの自動印刷が可能となります。

ありません。用紙にあったプリンタをご用意いただければ印刷可能です。

可能です。

できます。得意先指定の専用伝票や、統一伝票・マニフェスト伝票などの幅広い用紙への印刷に対応しています。

その他

10名まで登録可能です。「管理者」の会員メニューから「スーパーユーザ」と「通常ユーザ」を追加できます。

【準備段階】
管理者:各ユーザの追加を含めた全ての操作が可能です
スーパーユーザ:フォームカテゴリ(CSV取り込み設定)やテンプレートフォーム(帳票デザイン)、各種マスタの登録・修正ができます。
通常ユーザ:管理者およびスーパーユーザが作成したテンプレートフォームを利用して、帳票の印刷が行えます。

【送付管理】
管理者:全ての操作が可能です
スーパーユーザ:送付物の作成と、全ての送付物の送付関連作業が可能です。
一般ユーザ:送付物の作成と、自身が作成した送付物の送付関連作業が可能です。

現状対応しておりません。

四則演算/日付演算/合計/税額計算/固定値登録/条件分岐/カウント の設定ができます。

yyyy/mm/ddの形式で作成ください。

「標準税率」「軽減税率」「非課税」「設定なし」が選択できます。取り込みデータでそれぞれ「0」「1」「9」「-1」の値を設定ください。

現状対応しておりません。

「レ」「楕円」「○」「×」のオブジェクトを表示できる機能です。フォーム画面上での「ON」「OFF」の指定か、取り込みデータで「1」=ON、または「0」=OFFで指定してください。

以下のバーコードの作成が可能です。
JAN13(標準)/JAN8(短縮)/UPC-A/UPC-E/ITF-14(標準)/ITF-16(拡張)/ITF-6(アドオン)/ITF(Free)/NW-7/CODE39/CODE128/GS1-128(旧称:UCC/EAN-128)/カスタマーバーコード/QRコード

送付管理をしない帳票の作成~印刷(PDF作成)も可能です。作成数量の制限はありません。

API連携によるPDF作成が可能です。電子送付機能のAPIは現状は対応しておりません。別途開発版のライセンスが必要です。

24時間の監視体制、堅牢なサーバ、暗号化やバックアップシステムで大切なデータを守ります。


Q&Aトップに戻る

その他ご質問はこちらまで »