伝票印刷 10

外部データを差し込み印刷(Excel、Access、テキストなど)

『伝票印刷 10』なら、他のアプリケーションや基幹ソフトで管理している販売・顧客データの差し込み印刷がカンタンです。
必要なのは差し込むデータのみ。『伝票印刷 10』でのマスタ登録や売上入力は必要ありませんので、請求書・宛名ラベルなどへの印刷出力ソフトをお探しの方にもお手軽にご利用いただけます。

外部データを伝票印刷に差し込み

操作は、データと伝票上のフィールドを、クリック操作で対応付けるだけ。
また、フィールドの大きさに合わせて、文字サイズを自動調節(縮小)する機能があるので、印刷時に文字が入りきらずに切れてしまう心配も無用です。

同じデータファイルを再度読み込む場合は、対応付け手順を簡略化できるので、日々の差し込み作業がさらに便利になります!

差し込みに対応しているデータ形式

Excel(.xlsx / .xlsm / .xlsb / .xls)、Access(.mdbのみ)、csv・テキスト形式

データ差込印刷の手順

画面上で、伝票と実際の差し込みデータを確認しながらデータを差し込めるので安心です

  1. データを差し込みたいフォームを起動して、データの読み込みメニューから、お手持ちのデータファイル(Excel,csvなど)を選択します
    new 『伝票印刷 10』では、読み込むデータの種類、テキストファイルを読み込む場合の区切り文字・1行目のデータが項目名かどうか、などの設定を次回まで記憶する機能がつきました。繰り返し差し込み作業をおこなうお客様に便利になりました。

  2. データの内容が表示されます。
    実際の内容を見ながら、フォーム上のどの入力フィールドに、データのどの列(縦の列)を対応付けるか、画面でクリックして設定します
    ※対応付けを定義ファイルとして保存できるので、同じフォーム・同じ列形式のデータなら2回目以降はこのステップは不要 読み込みデータ対応付け

  3. データを読み込む範囲(横の行)を選択します。連続した行の選択、とびとびの行の選択も可能です。 読み込みデータ行選択

  4. 選択したデータがフォームに差し込まれて表示されます。
    複数行選択した場合は、複数ページ(面)に読み込まれます。ページをめくって内容を確認することができます。
    また、差し込み後にフォーム画面でデータを書き換えて印刷することもでき、イレギュラー対応に強いソフトです!


文字切れ防止 フォント自動縮小機能

差し込んだデータがフィールドからはみ出さないように、自動的にフォントサイズを調節(縮小)し、印刷時に文字が途中で切れてしまうのを未然に防止します(機能のON/OFF設定可能)

文字が多すぎても

自動で文字が小さくなります

※データが長すぎる場合、フォントを縮小してもフィールドからはみ出ることがあります

データ書き出し

フォーム画面に入力した内容を、Excel、Access、csv・テキスト形式に書き出すこともできるので、高い汎用性を発揮します。

帳票ツール「LinkPrint(リンクプリント)」のご紹介

LinkPrint

さらに自動化をご希望の方には、基幹システムと連携して伝票を発行できる帳票ツール 「LinkPrint(リンクプリント)」 をご用意しています。ぜひご検討ください

『伝票印刷 10』体験版を今すぐダウンロード »